[Go Back]  [New Search]    Details for Bakufu Ohno (1888-1976) "Sweetfish (Ayu)"         

Compare artworks
Compare all

39719

39720

39721

Sweetfish (Ayu)

Sweetfish (Ayu) アユ
by Bakufu Ohno (1888-1976)

The artworks displayed on JAODB are not for sale.

Artist: Bakufu Ohno (1888-1976) 大野麦風
Title: Sweetfish (Ayu) アユ
Series: Familiar Fishes of Nippon 大日本魚類画集
Date 1st edition?1937/9
Date of this artwork?1937 September (may not be accurate)
Publisher 1st edition?Nishinomiya Shoin 西宮書院
Publisher (this edition)?Nishinomiya Shoin 西宮書院
Medium (1st edition): Woodblock
Medium (this edition): Woodblock
Format (1st edition): Large Oban
Format (this edition): Large Oban
DB artwork code: 39721
Notes (1st edition)?From Volume 1, print number 2.
Notes (this edition)?The following information was taken from the original web listing of this artwork. Often written by non-experts, there may be inaccuracies:

Saturday, 25 July 2009

出品の内容
☆昭和12年9月発行 大野麥風「大日本魚類画集」第1編2号「鮎」オリジナルを出品します。
☆大野麥風は戦前、戦後に活躍した日本画家で魚を好んで描き、この「大日本魚類画集」は
 72種類の魚が描かれ、極めて評価の高い作品です。今回はその中の1品を出品します。
☆版画の大きさは縦28cm×横40cmです。
☆解説書に書いてある製作スタッフのクレジットは以下のとおりです。
 (解説書は日本語と英語で対象の魚の説明がされております。)
 ◆著者 大野 麦風
 ◆監修 和田 三造
 ◆解説執筆者 理学博士 田中茂穂先生、上田尚先生、グレン・ショウ先生
☆なお、「大野麥風と大日本魚類画集」という特別展が姫路市立美術館で
 2010/02/06~2010/03/07の日程で開催予定で、当「大日本魚類画集」が72種類全て
 そろって展示されるとのことです。
☆この展示会のために姫路市美術館が集められていなかった最後の1枚を探していたところ、
 所蔵していたアメリカ人がそのことを知り譲渡したことでも話題になりました。
☆釣と魚を愛した祖父の所蔵品です。魚の好きな方に是非落札いただきたいと思います。

2.商品の状態
☆作品の状態は大きな傷や汚れもなく、良好と思います。台紙に若干の汚れがあります。
 上記写真で確認ください。
☆版画は台紙から離れています。また、台紙の角が一部曲がっています。
☆解説書は経年変化のしみ等がありますが、大きな汚れ、破損はありません。
 昭和12年9月25日発行と明記されいます。

Artist Bio: Bakufu Ohno (1888-1976) was born in Tokyo. He moved to Kansai after the great Kantou earthquake in 1923. Ohno exhibited oil paintings at Teiten in 1929. He was an honorary member of the Hyogo Prefecture Academy of Fine Arts, and a member of Taiheiyogakai. Ohno produced many landscape and fish prints, including the Great Japanese Fish Picture Collection (Dai Nihon gyorui gashu) in 1940, which was published by Kyoto Hanga-in; blocks were carved by Matsuda and Kikuda, printed by Shinagawa, Nagae, Uchida and Ohno.
大野麥風(1888-1976、本名:要蔵)は、東京で生まれ、初めは長原孝太郎の指導を受け、洋画を学びました。1909年の第3回文部省美術展覧会で画壇に登場してからは、白馬会・太平洋画会・光風会などにも出品したものの、やがて、洋画から日本画に転向し、1919年の第1回帝国美術院展覧会では、日本画で入選しています。 さらに、木版画を手がけるようになった麥風は、1937年に西宮書院(現在の京都版画院)から出版された代表作 『大日本魚類画集』で、原画を担当し、当代一流の文化人の協力を得て、「原色木版二百度手摺り」といわれる色鮮やかな木版画集を生み出しました。会員制度で頒布されたこの500部限定の木版画集は、1944年まで各回12点、6期に分けて断続的に刊行され、麥風は水族館では飽き足らず、和歌浦沖で潜水艇に乗り、魚の生態を観察し、細部にまでこだわった作品を作り上げました。

The artworks displayed on JAODB are not for sale.

Related Images and Notes






JAODBContact MeJapanese Artwork for SaleMy Personal Collection of Japanese ArtResearch ArticlesKoitsu.com


Site copyright: Dr Ross F. Walker. Copyright of the displayed artwork: the original owner. The information contained on this website is provided as an educational resource to scholars and collectors of Japanese art. JAODB would like to thank the caretakers of these art items for their contribution to this database. The items displayed here are not being offered for sale. Unless otherwise indicated the displayed item is not in the ownership of JAODB or Ross Walker.